いくつかの大型移籍が成立した今冬の移籍市場だが、実現しなかったものもある。

PSGのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニのアトレティコ・マドリー移籍もそのひとつだ。

パリでクラブ史上最多スコアラーとなったカバーニは、CLの舞台でこんな超ダイビングヘッドを決めたことも。

すごいヘディング技術だ…。

そのカバーニはPSGとの契約が残り6ヵ月となっており、移籍が濃厚とされていた。

だが、カバーニ側が移籍金とほぼ同額となる1800万ユーロ(21.6億円)のサインボーナスを要求したことで交渉は破談したと伝えられている。

そうした中、アトレティコのエンリケ・セレソ会長がカバーニの件に触れた。『Movistar』に対してこう述べたという。

エンリケ・セレソ(アトレティコ・マドリー会長)

「これは恥だと思う。

誰かを指摘したくはないが、一部の選手とその代理人や家族の状況は恥だと思う。

我々は強奪されるためにここにいるわけない」

カバーニの代理人を務める彼の兄弟がボーナスを求めたとされている。