2002年にクラブを買収した“ワンマン会長”、マウリツィオ・ザンパリーニの言動に振り回されながらも、安定した成績でセリエAにどっかり腰を下しているパレルモ。昨季はリーグで8位、コッパ・イタリアでは準優勝という結果を残したが、その立役者の一人、イタリア代表GKのシリグが28日にパリ・サンジェルマンへ移籍。さらにパストーレも続くのではないかと噂されている中で、昨季はキエーヴォを率いていたピオーリ新監督のチーム作りに注目が集まる。



左から、ノチェリーノ、バルザレッティ、ピニージャ。

パレルモは2010年、イタリアのポンペイに本社を置くLegea(レゲア)と契約。その2代目となる2011-12モデルは、ホームがローズピンク、アウェイが白、サードが黒という定番ラインナップとなった。胸には昨季と同じくEurobetのロゴが入る。


(筆:Qoly編集部 O)

大人気カテゴリー!
ゴールドカップ2011UEFA Under21 Championship

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら