選手やクラブが次のステップへ進むための“踏み台”

チェルシーのレジェンド、ルート・フリットが軽視されがちなUEFAヨーロッパリーグの重要性を説いている。

かつてチェルシーやミランでプレーしていたフリットはヨーロッパリーグに本気で挑む事が重要であり、エデン・アザールやオスカルなど、チェルシーの次代を担う“これから”の選手にとっては重要な存在だと信じているようだ。

「ヨーロッパリーグのトロフィーは今でもとても大事だよ。多くのクラブや選手たちにとって踏み台となることはみんなわかっているはずさ。他の欧州のクラブと試合がある事が選手たちにとって重要なんだ」

「自分がヨーロッパリーグ(当時のUEFAカップやカップ・ウィナーズカップ)でプレーしていた時も踏み台だったよ。最初の時はミランにいて、エスパニョールに2回戦で敗れた。だが、1年後には欧州王者を勝ち取ったのさ」

「(ヨーロッパリーグは)勝つに値する大きなトロフィーさ。去年のアトレティコ・マドリーを見てくれよ。勝利が彼らを地図に載せた。もし自分がまだ現役だったら、勝ちたいと思うだろうね」

(筆:Qoly編集部 L

{module [170]}
{module [171]}
{module [190]}