テヘラン・タイムスは「元イラン代表FWのヴァヒド・ハシェミアンが、ナインドルファーTSVの監督に就任した」と報じた。

ヴァヒド・ハシェミアンは1976年生まれの36歳。かつては日本の前に何度も立ちはだかったことで知られる名FWで、抜群の強さを持つ空中戦から「ヘリコプター」の異名を取った。

昨年現役引退を発表したハシェミアンは、オベルリーガ・ハンブルク(5部相当)に所属していたハルシュテンベク・レリンゲンのアシスタントコーチに就任し、1シーズンの間指導者としての経験を積んだ。

そして今回、同じリーグに所属しているナインドルファーTSVが、フランク・ハルマン前監督の辞任に従って、その後任にハシェミアン氏を指名。本人もそれを快諾し、ついにヘッドコーチとしてのキャリアを開始することを決断した。

クラブ公式

ヴァヒド・ハシェミアン ナインドルファーTSV新監督

「フランク(・ハルマン)がゆっくり休んでいられるようにしなければね。彼が早く戻ってきたいと思えるくらい、頑張って働かなければいけない。この素晴らしいクラブで働けることを楽しみにしている。本当にやりがいを感じる」

【厳選Qoly】U-23日本代表、パリ五輪でのメダル獲得を左右する「キープレーヤー」5名