トッテナムのストライカー、エマヌエル・アデバヨールはトッテナムでポジションを見つける事を諦めていないようだ。

トーゴ代表は夏のマーケットでの放出対象であり、ベシクタシュやシャルケが獲得に興味を持っていたが、最終的に移籍は実現せずトッテナムに残留している。

クラブを離れることを考えたかどうかという『London Evening Standard』の問いについてアデバヨールは以下のように答えている。

「いいや、今季終了まで残留するよ」

「シャルケについては知っているだろうけど自分を望んでくれたクラブはたくさんあったし提案を受けていた」

「だけど監督と一緒に決めたんだ。移籍市場が始まる前にね。トッテナムを退団したくなかったし、そうしたんだ。スパーズを半れる事なんて考えた事がない。ここにいるし、家族も良い環境にある。他の都市へは行きたくないね」

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★