セルティックのスウェーデンU-21代表FWヨン・グイデッティがリーグ・カップ対パーティック・シスル戦で見事なハットトリックを達成した。

フリーキック2連発にPKというプレースキックだけでの3得点であった。

チームも退場者を出し10人となった相手に6-0で完勝。セルティックのHPではグイデッティが“Man of the Match”に選ばれた。マンチェスター・シティからローン中のグイデッティはこれで 8戦8ゴールという驚異的な得点力をみせつけている。

試合後、セルティックのロニー・デイラ監督は「彼はファンタスティックだった。今までに我々のもとで3回(FKを)決めたし、代表チームでも同じように決めた。だから、(FKは)彼の得意技なのさ」とその活躍を絶賛。当のグイデッティは「(2点目のFKについて)リプレイを見なきゃだけど、タッチはとてもシャープだった。なので、いいもの(ゴール)になることは分かっていたよ。ファンたちは素晴らしかった。全てのスタッフ、選手たちも」と語ったそうだ。

ちなみに、 昨日紹介した『進撃の巨人』っぽい格好で練習していたパーティック・シスルのDFジェイク・キャロルは後半途中から投入されて30分弱プレーした。

【厳選Qoly】U-23日本代表、奮起が求められる3名!パリ五輪出場には活躍が不可欠

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら