24日に行われたエミレーツカップのリヨン戦で、ついに左足のフリーキックを決めた現役屈指の両足マスター、サンティ・カソルラ。

168cmと小柄ながら非常に高い技術と戦術眼を持ち合わせ、スペイン代表としてもEURO連覇に貢献した30歳の攻撃的MFは、日本人プレーヤーにとってお手本となる選手の一人だろう。特に、左右の足を自在に操るスタイルは彼ならではだ。

アーセナル加入3シーズン目となった昨季の華麗なプレーを見てみよう。

冒頭のフェイントからの佇まいは、まるでマタドール(闘牛士)のよう。

「ダブルタッチ」の深さなどドリブルの技術も素晴らしいが、左右でこれだけ質の高いキックができる選手は本当に数えるほど。左足のロングパスを見ているだけでうっとりしてしまう。