先月、関東や東北を襲った記録的な豪雨は、川の氾濫などで大きな被害を地域にもたらした。地球温暖化の影響からか、昨今はこういった災害が増えているような印象がある。

2012年7月、九州北部を中心に発生した集中豪雨もその一つであるが、サッカー界から継続的にその支援を行っている活動をご存知だろうか。

当時ロアッソ熊本に所属していた、北嶋秀朗、南雄太によって始まった「NORTH×SOUTH」プロジェクト。

2012年の豪雨は特に熊本で大きな被害が出たことから、クラブとして復興活動などに関わっていた二人だが、継続的に支援する形を模索。海外で活躍する日本人アーティストのJay Shogo氏の協力を経て、北嶋の“北”、南の“南”にかけた「NORTH×SOUTH Produce by Jay shogo」として、チャリティーブランド『NSPJ』は誕生した。

2013年5月に第1弾としてTシャツが発売されると、Jリーガーを中心にその波は瞬く間に広がり、今年夏には第4弾がリリースされるまでに至っている。

Jリーグでは先月、川崎フロンターレが東日本大震災発生直後から定期的に復興支援活動を続けてきた陸前高田市と友好協定を締結。震災から4年半が経っても「復興」はまだまだ先であり、やはり支援は継続することが大事なのだ。

また『NSPJ』の場合、その源の一つとなっているのがデザイン性の高さだろう。

かっこいい! 北嶋らのこだわりで着心地なども重視しているため、“使える”ファッションアイテムとしてファンも増えている。

そんな『NSPJ』のグッズは、『NSPJ』オンラインショップで販売中。ラインナップはこんな感じだ。

第1弾 Tシャツ

≪NSPJ -NORTH×SOUTH Produce by Jay shogo- Tシャツ≫

第2弾 パーカー

≪NSPJ -NORTH×SOUTH Produce by Jay shogo- パーカー≫

第3弾 7分袖カットソー

≪NSPJ -NORTH×SOUTH Produce by Jay shogo- 7分袖カットソー≫

第4弾 Tシャツ Vol2

≪NSPJ -NORTH×SOUTH Produce by Jay shogo- Tシャツ Vol2≫

1点の売り上げにつき収益金の一部が熊本県阿蘇市を通し義援金として寄付される。

【厳選Qoly】悲願の初優勝!Jリーグとレヴァークーゼンでプレーした5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら