『Independent』は「マンチェスター・ユナイテッドのMFアンドレアス・ペレイラは、ルイス・ファン・ハール監督の約束がまだ守られていないと話した」と報じた。

アンドレアス・ペレイラは1996年生まれの20歳。ベルギー生まれであるがブラジルの血を引いており、そちらの代表を選んでいるMFだ。

2011年にPSVからマンチェスター・ユナイテッドに加入し、昨季トップチームにデビュー。才能を高く評価されているが、今季もわずか3試合のプレーに終わっている。

彼は1月のマーケットでチームを離れるつもりだったと話し、ルイス・ファン・ハール監督にはもっとチャンスを与えてくれるよう求めた。

アンドレアス・ペレイラ

「僕は1月にローンでチームを離れたかったんだ、もっとプレーするためにね。そして、自分自身を成長させ続けるために。

しかし、ルイス・ファン・ハールは僕に言ったんだ。僕をローンで放出したくはないと。彼はマンチェスター・ユナイテッドに残ってくれと伝えてきた。なぜなら、彼はもっと僕を使っていくつもりだと言ったんだ。

僕は『それならありがたい』と答えた。もしここに残れば、もっとプレーすることができるならばね。彼は僕を放出しなかった。

自分はその決断をして、練習した。仕事をしていた。そして、彼の言葉が実現する時を待っていた。

もちろん、僕はもっとプレーすることを期待していたよ。そのチャンスに値すると思う。試合ではいいプレーをしていた。機会がやってきた時にはね。しかし、サッカーはこのように進むこともあるんだ。

監督は僕にまだチャンスを与えてくれていない。そして、僕は努力をし続けるだろう。チャンスを待つために。

もしそれが今年やってこないのならば、おそらく次を待つ。ただ、準備はできているんだよ。僕はとても落ち着いている。なぜなら、僕はいいプレーをしていて、チャンスを得るに値している。それを誰もが見ているからだ」

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名