EURO2016が閉幕した翌日に幕を明けた、U-19欧州選手権。

文字通りU-19世代による欧州王者決定戦であり、今年はドイツで開催されている。

予選を勝ち抜いた8チームがそれぞれ2つのグループに分かれて総当り戦を行い、各組上位2チームが準決勝に進出。

準決勝に進出した4チームと、各組3位チーム同士によるプレーオフを制した計5ヵ国が翌年韓国で行われるU-20ワールドカップへの出場権を手にする。

そんな同大会のグループステージ第1節クロアチア対オランダ戦で、デニス・ベルカンプを彷彿とさせるマジカルなプレーから得点が生まれている。

1-0とオランダがリードして迎えた33分、カルヴィン・ヴェルドンクが左サイドからクロスを送ると、中で待っていたアブドゥルハーク・ヌーリがクルッと一回転しながら前方へパス!

完全に意表を突かれクロアチアの守備陣はこれに対応することができず、これを拾ったサム・ラマースが冷静にゴールを沈めた。

後ろを向きながらここが見えているのはスゴい…。

パスを出したヌーリはモロッコ系の選手で、当世代でも屈指の技術を持つタレント。アヤックスユースの出身で現在はヨング・アヤックス(ユースチームの最上位)に所属しており、オランダの世代別代表の常連である。

この後オランダは54分にデヨヴァイジオ・ゼーファイクが2枚目のイエローカード受け退場処分となっているが、1-3で勝利している。オランダは15日、イングランドと対戦する。