先週末に行われたプレミアリーグで行われたアーセナル対ミドルズブラ。

公式戦連勝中のアーセナルに対してミドルズブラが健闘を見せ、最終的には0-0でのスコアレスドローに終わっている。

また、その結果以外にも大きな話題になっているのが「スピード」である。

『Mundo Deportivo』は「アーセナル戦において、ミドルズブラのFWアダマ・トラオレが最速ランを記録した」と報じたのだ。

これまで最速と言われていたのがトッテナムのフランス代表MFムサ・トラオレ。そのスピードが35.5kmだった。

しかし、今回アダマ・トラオレが記録したのはなんと時速37km!

バルセロナのユースで育成されたアダマ・トラオレは、今回ミドルズブラで初めてのスタメン出場。カウンターで存在感を発揮し、今後はアイトール・カランカ監督に重用されていきそうだ。