クラブワールドカップの準決勝で、日本の鹿島アントラーズに惨敗したコロンビアのアトレティコ・ナシオナル。

航空機の墜落事故に見舞われたシャペコエンセにトロフィーを捧げるという願いは叶わず、目標だったレアル・マドリーと対戦することもできなかった。

一方、クラブの“レジェンド”は日本を満喫していたようだ。

2001~2007年にアストン・ヴィラでプレーしたフアン・パブロ・アンヘルだ。

アンヘルはまだ南米の選手があまりいなかった時代のプレミアリーグで活躍、コロンビア代表ではファルカオらが台頭する前のエースストライカーで33試合9ゴールを記録した。

彼はキャリアのほとんどを国外で過ごしたがプロデビューはアトレティコ・ナシオナルで、2013年には16年ぶりにクラブへ復帰し翌年39歳で現役を退いている。今回はそんな愛するチームと共に来日し京都へも足を伸ばしていたようだ。

ちなみに偶然にもアストン・ヴィラは最近、彼に関するクイズを出題していた。興味のある方はこちらをどうぞ。

【厳選Qoly】Jリーグ、2024年から「新しいエンブレムになる」5つのチーム

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★