日本代表からサプライズ招集を受けたMF加藤恒平。

すでにブルガリアから帰国しており、28日から始まった代表合宿に参加している。

そんな加藤が所属するベロエ・スターラ・ザゴラは今季のレギュラーシーズンを8位で終え、残留プレーオフへと進んだ。

チームはグループBを首位で通過したもののUEFAヨーロッパリーグ出場権をかけたトーナメントでは敗れ、今シーズンは終了に。加藤は28試合に出場し1876分間プレーしたのだが、1ゴールをあげている。

その時のゴールがこれだ。

試合は昨年8月に行われたブルガリア1部リーグ第5節のピリン・ブラゴエフグラート戦。

0-0で迎えた47分、タイミングの良いオーバーラップからこぼれ球に反応し見事にゴール!結局これが決勝点となり、加藤はチームの勝利に貢献している。

なお、町田ゼルビア時代に29試合に出場している加藤だが、Jリーグでのゴールの記録はない。