『The SUN』は18日、「マンチェスター・ユナイテッドからバレンシアにローン移籍しているMFアンドレアス・ペレイラは、速度違反で8ヶ月の運転禁止命令を受けた」と報じた。

アンドレアス・ウーゴ・ヘルゲバオム・ペレイラ、通称「アンドレアス・ペレイラ」は1996年生まれの21歳。

ベルギー生まれのブラジル人選手で、PSVアイントホーフェンから2011年にマンチェスター・ユナイテッドへ加入した選手だ。

昨季はグラナダ、今季はバレンシアにローン移籍しており、リーガ・エスパニョーラでプレーしている。

記事によれば、彼は先日制限速度50km/hの道路を148km/hで走ったとして検挙されたとのこと。

水曜日にその裁判が行われ、彼には3600ユーロ(およそ47万円)の罰金と8ヶ月の運転禁止命令が下されたという。

赤いチームに所属しているだけに、3倍のスピードだったということか。

【厳選Qoly】イングランド代表の「EURO2024メンバーから漏れた」大物スター5名