かつてアーセナルでともにプレーしたエマニュエル・アデバヨールとトマーシュ・ロシツキー。

そんななか、アデバヨールが『So Foot』に語ったとされる発言が話題になっている。

英国メディアによれば、アーセナル時代を振り返りこのように述べたという。

エマニュエル・アデバヨール

「俺はチームで最強の選手だった。体重は73kgだったにもかかわらずね。

チェルシーの中盤にはエシエンとバラックがいた。うちにいたのは、ロシツキーだった。

彼に『やぁ』と話しかける程度で、彼は2か月半の怪我をしただろうね」

アーセナルでは怪我に苦しみ、トータルで990日間の離脱を余儀なくされたロシツキー。それを揶揄するような発言をしていたという。