『Hurriyet』は1日、イスタンブールBBに所属する元トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールのインタビューを掲載した。

かつてモナコ、アーセナル、マンチェスター・シティ、レアル・マドリーなどでプレーした33歳のアデバヨール。

多くの名監督の指導を経験した彼は、これまでともに働いた中で最高の指揮官、最悪の指揮官について以下のように話したとのこと。

エマニュエル・アデバヨール

(これまで働いた中で、最高の監督と最悪の監督は?)

「最悪の監督は、ロベルト・マンチーニだ。僕は彼の練習メソッドを全く好きになれなかった。

最高のコーチはジョゼ・モウリーニョだ。彼は不世出の情熱を持っている男だ。それと、『教授』アーセン・ヴェンゲルだね」

【厳選Qoly】スゴいメンバーだ…長谷部誠がプレーした「最強のチームメイト」ベストイレブン

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら