途中交代になった選手がベンチで退場になる珍しい出来事があった。

エールディビジ第20節、ユトレヒト対アヤックス戦の後半アディショナルタイムに…。

ベンチにいたユトレヒトのドイツ人FWルーカス・ゲルトラー。タッチラインを割ったボールを拾うも、それを相手FWユスティン・クライファートに渡すのを拒んだことでいさかいに…。

彼は後半13分にベンチに下がっていたのだが、この行為によって2枚目のイエローカードを提示されて退場になってしまった。

1枚目のイエローは試合出場中の激しいタックルで貰ったものだった。

ユトレヒトのジャン・デ・ヨング監督は、レイトタックルだったのでゲルトラーはあの時点で退場になっていてもおかしくなかったと述べていた。なお、試合は0-0の引き分けで終了している。