『Mediaset』は19日、「イタリア代表チームは、今月の親善試合でダヴィド・アストーリに捧げる特別なユニフォームを着用する」と報じた。

今月5日、フィオレンティーナでキャプテンを務めていたイタリア代表DFダヴィデ・アストーリが死去した。

ウディネーゼとの試合を行うための遠征を行っていたところ、ホテルでの就寝中に突如息を引き取った。

まだ31歳という若さの現役代表選手がこの世を去ったことはサッカー界に衝撃を与え、セリエAも全試合が延期されることになった。

その事故があってから初めての代表戦となる今月のインターナショナルマッチウィーク。

イタリア代表はアルゼンチン、イングランドと親善試合を戦う予定になっており、そこではアストーリを思い出すための特別なシャツが用意される可能性が高いという。

また、イタリアサッカー連盟が許可した場合、5月からの試合でも使用されるかもしれないとのことだ。