日本人選手6人を保有するベルギー1部のシント=トロイデン。そのなかで、DF冨安健洋とMF遠藤航は日本代表でも主力となっている。

そのシント=トロイデンが2人の古巣Jクラブとのコレボレーション企画を発表。

冨安×アビスパ福岡、遠藤×湘南ベルマーレのコラボアイテムが今後販売されることになるとのこと。

「シント=トロイデンVV(以下、STVV)は、Jリーグクラブと商品化コラボレーションを行うことになりましたのでお知らせいたします。

JリーグクラブとSTVVの初の商品化コラボレーションとして、遠藤航選手、冨安健洋選手の2人の日本人選手と、それぞれの出身Jリーグクラブとオリジナル商品を制作・販売いたします。

STVVのファン、サポーターはもちろん、遠藤選手、冨安選手を育ててくださった湘南ベルマーレ、アビスパ福岡のファン、サポーターの皆さんにもその勇姿をお届けしたいという思いから、本プロジェクトに至りました。」

「制作するコラボレーション商品の詳細、発売時期については、近日中に各Jリーグクラブから発表いたします。

STVVでの現在のプレーシーン×彼らのJリーガー時代の姿、両クラブカラー、両チームでのネーム&ナンバーなど、趣向を凝らしたオリジナリティあふれるコラボレーショングッズを発売する予定です。」

かつての所属チームとのコラボはこれまであまりなかった企画のはず!どんなアイテムが発表されるのか楽しみにしたい。

【厳選Qoly】アジアカップ後の2024年Jリーグ「要チェック」の5人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★