UEFAチャンピオンズリーグ準決勝で激突するバルセロナとリヴァプール。

ルイス・スアレスやフィリペ・コウチーニョにとっては古巣対決となる。それを前にスアレスは『Daily Mail』のインタビューに答え、様々な話題を語った。

かつての同僚ラヒーム・スターリングについてはこう絶賛していたそう。

ルイス・スアレス(バルセロナFW)

「彼は驚異的に成長したね。

よく僕ら(リヴァプールの選手たち)は彼がフィニッシュの仕方を知らないってジョークを言っていたのを覚えているよ。

GKとの1vs1になっても大きく枠を外してしまう。彼と一緒に笑ったね。

彼の変化は劇的だ。僕も本当に嬉しいよ」

当時のスターリングのシュート精度はチーム内でもネタにされるほどだったようだ。

【関連記事】日本で優秀なウインガーが育たない理由を、アザールやスターリングの思考から探る

スアレスがバルサに去った1年後の2015年にマンチェスター・シティへ移籍したスターリング。昨季は18ゴール、今季もすでに17ゴールを決めている。