トルコ1部のアランヤスポルは、「交通事故のため、チェコ代表FWヨゼフ・シュラルが死亡した」と公式発表した。

アランヤスポルは28日にカイセリスポルとのアウェイゲームを戦い、それから本拠地のアランヤへと陸路で戻っていた。

その途中、7名の選手を運んでいたミニバスが交通事故に遭遇。選手らは病院に運ばれたものの、ヨゼフ・シュラルは死亡したことが確認されたとのこと。

ヨゼフ・シュラルは1990年生まれの28歳。スロヴァン・リベレツとスパルタ・プラハで活躍を見せた後、今年1月にアランヤスポルに加入していた。

チェコ代表としてもこれまで20試合に出場して1ゴールを記録。EURO2016のメンバーの一人であり、昨年10月に行われたUEFAネーションズリーグのウクライナ戦にも途中出場している。