プレミアリーグ第5節、アーセナルは最下位ワトフォードとの一戦に2-2で引き分けてしまった。

前半で2点をリードするも、ミスとPKで2失点。後半には23本ものシュートを浴びせられた。

後半8分に喫した痛恨の失点がこれ(動画7分50秒~)。

DFソクラティス・パパスタソプロスが自陣ボックス内で信じられないパスミス。

ジェラール・デウロフェウにカットされると、トム・クレヴァリーにイージーゴールを許した。

今季からのルール変更によって、ゴールキックは必ずしもボックス外に蹴り出す必要はなくなった。そのため、ボックス内から細かくつなぐチームも現れたが、ここではそれが裏目に出た形。

『watfordobserver』によれば、クレヴァリーは試合後にこう明かしたそう。

トム・クレヴァリー(ワトフォードMF)

「僕らは相手のゴールキックからよく組織されていたと思う。

これは1週間かけて取り組んできたものだ。

相手がああいうプレーをやろうとしてきたことには驚かなかったね。

もっと驚きだったのは、彼らが試合中に修正しなかったことだ。かなり固執していたね」

アーセナルはこの場面の前にもあわや失点というシーンがあった。にもかかわらず、ゴールキックからのつなぎに固執していたことにクレヴァリーは驚きを隠せなかったとか。

一方、パパスタソプロスは「自分が試合をダメにしてしまったので謝る。やってはいけないミスだった」と述べている。