ファジアーノ岡山とキットサプライヤーのPenalty(株式会社ウインスポーツ)は4日、2020年シーズンの明治安田生命J2リーグで使用する新ユニフォームを発表した。

有馬賢二新監督のもと、チームはJ2参入後としては最多となるシーズン18勝を記録。J1参入プレーオフ争いにも絡んだが、最終的には9位で終えている。それでも2020年シーズンに期待を抱かせるパフォーマンスだったと言えるだろう。

Fagiano Okayama 2020 Penalty Home

ファジアーノ岡山 2020 Penalty ユニフォーム

新しいホームユニフォームは、ファジアーノレッドからバーガンディー(より深みのあるファジアーノレッド)に変化するロンバス(ひし形)グラデーションを交互に配置。かなり印象的なデザインに仕上がっている。

ファジアーノ岡山 2020 Penalty ユニフォーム

2019年モデルと比べるとネイビーの割合が低下しているのが、一目で分かる大きな変化。今回のボーダーは「チームを愛する全ての人たちの情熱の融合」と「常に変化する攻守の連動」を表現。熱く、そして躍動感のあるデザインでJ1昇格を目指す。

ファジアーノ岡山 2020 Penalty ユニフォーム

シャツ、パンツ、ソックスのコンプリートはこのような感じに。パンツとソックスは引き続きネイビーをベースカラーとする。