2018年の夏、長年アーセナルを率いたアーセン・ヴェンゲル氏が退任し、ウナイ・エメリ氏が監督として招聘された。

なかなか成績が出ない状況の中で「ヴェンゲル・アウト」(出ていけ)という言葉が一大ブームになるなど、その治世の終わりは比較的ファンには受け入れられるものだった。

このようなデモまで行なわれていた…。

ところが、それからウナイ・エメリ監督の下で復活を遂げることができず、先日はOBのミケル・アルテタ氏が指揮官に招聘される。

不安定な状況が続く中、アーセナルはサポーターから信頼を得るまでに至っていない。

『Mirror』によれば、現在アーセナルはファンの支持を取り戻すためにアーセン・ヴェンゲル氏を再びクラブに呼び戻そうと考えているという。

上級幹部が現在ヴェンゲル氏と会談する予定となっており、そこで復帰を薦めるそう。

アーセン・ヴェンゲル氏は先日FIFAでの役職を与えられたばかりで、アーセナルへの復帰についても前向きではないことを示していた。

しかしかつての教え子でもあるアルテタやユングベリがチームを率いるようになっており、もしかしたら心情の変化もあるだろうか…。