2020シーズンの明治安田生命Jリーグがついに開幕。欧州でもCL・ELが再開し、引き続き熱戦が繰り広げられている。

そうしたなか最近光っているのが、神奈川県川崎市出身のサッカー選手の活躍だ。

現在プレーするクラブはそれぞれ異なるが、特に東京五輪世代以降で増えている「川崎市出身」の選手たち。その中でも注目度が高い6名をピックアップしてみた。

仲川輝人

仲川輝人

1992年7月27日生まれ(27歳)

川崎フロンターレU-15⇒
川崎フロンターレU-18⇒
専修大学⇒
横浜F・マリノス(※FC町田ゼルビアとアビスパ福岡へ期限付き移籍)

2019年、大ブレイクしたJリーグ屈指のスピードスター。

161cmと小柄ながら、横浜F・マリノスの攻撃サッカーで持ち味をフルに発揮しゴール・アシストを量産。チームを優勝へ導き自身もJリーグMVPに輝いた。

背番号の23はチームスポンサーの日産自動車(ニッサン)に由来。オフにはMVPのご褒美で日産から青の『GT-R』が贈呈された。川崎区出身?