全世界の経済活動に大きな影響を与えている新型コロナウイルス。サッカー界では各国のリーグ戦が中断されている。

プレミアリーグは4月30日まで中断が延長されたが、母国に帰国したがっている選手たちもいるようだ。

チェルシーのブラジル人ウィリアンは『SporTV』に対してこう述べたという。

ウィリアン(チェルシーMF)

「今の僕はひとりだ。妻も娘もブラジルにいる。

事前にスケジュールを立てていた。まずは2人が行って、僕も行くはずだった。今はクラブからの許可を確かめているところだ。

僕らは決めたし、彼らは戻ってくることになる。

でも、リーグは4月30日まで延期されたという事実から、僕はクラブから(ブラジルに)向かう許可を得ようとしているところだ。

僕は状況を説明した、許可を得ようとしている。他のクラブの選手たちもブラジルに向かうと聞いているよ。

活動を停止すればするほど、フィジカルが落ちていくのを僕らは知っている。

6日間自宅にいたけれど、自分がやりたいエクササイズをやるための器具はない。

アパート内にはジムもあるけれど、それをやるために行くことはできない。自宅にいなければならない。

ちょっと難しいけれど、いいことだとも思う。僕らは人々について考える必要がある。

もし皆が自分たちの役割をうまくこなせば、(この状況は)終わるはずさ。

誰にとっても難しい時だ。人々は屋内に閉じこもり始め、多くのものが閉鎖され、学校も停止される。なので、他人を手助けする時さ」

そのウィリアンがUEFAチャンピオンズリーグで決めた技ありボレーがこれだ!

これはお見事!

31歳の彼は今年6月末でチェルシーとの契約が満了になる見込み。