新型コロナウイルスの流行によって、中断されている各国のリーグ戦。プレミアリーグではリヴァプールが悲願の初優勝に迫っているが、あと勝点6ポイントという時点で立ち往生を余儀なくされている。

今季は守護神アリソンがこんなスーパーセーブでチームを救う場面もあったのだが(以下動画1分43秒~)。

そうした中、元リヴァプールDFジェイミー・キャラガーは、もしこのまま優勝になった場合には違和感が残るだろうと述べた。『Sky Sports』によれば、こう口にしたという。

ジェイミー・キャラガー

「我々は誰もがリヴァプールがリーグ優勝に向かっている、向かっていたことを分かっている。あと1,2試合に勝てばいいだけだ。

だが、もしリーグが停止した場合にはしっくりしない。

そうだ、リヴァプールはリーグ(優勝)を与えられるかもしれない。それは人々が口にしていることだ。

だが、あまりしっくりこない何かがずっとあることになるだろう」

せっかくの初優勝だけにしこりのない形にしたいという思いの裏返しだろうか。

プレミアリーグは今季を完了させる旨を発表しているが、再開は5月以降になる見込み。