新型コロナウイルスの世界的流行によって、各地のスポーツイベントは今後の見通しが全く立たない状況にある。

『Mirror』によれば、マンチェスター・シティMFダビド・シルバの“お別れ”にも影響があるかもしれないという。

2010年にシティにやってきた彼は今季限りで退団する。多大なる貢献を果たしてきたシルバは盛大な形で送り出されるのがふさわしい功労者だ。

そのシルバが決めたこのプレミアリーグ初ゴールは衝撃的だった。

えげつないフェイント2連発…GKも棒立ちだ!

シティもシルバを功労者として送り出したい構えだが、新型コロナの流行によってシーズン再開が不透明となるなか、この件についての話し合いは現在のところ行われていないという。

このままなら最後の試合が無観客になる可能性もある。さらに、最悪の場合にはシーズン自体が打ち切りになりえるが、そうなった場合にはシティは別の形でシルバが別れを告げる方法を検討する見込み。

昨季限りでシティを退団したヴァンサン・コンパニは昨年9月にほぼ満員のエティハド・スタジアムでお別れ試合を行った。コンパニは、自分が次にここに来るのはシルバのお別れ試合になるとジョークを飛ばしていたが、どうなるだろうか。