今季途中に中国の上海申花からマンチェスター・ユナイテッドに加入したナイジェリア代表FWオディオン・イガロ。

その経緯もあって当初は批判的な声も多かったが、プレーしてみれば8試合で4ゴールと高い得点力を示し、前線にいい競争をもたらした。いきなりクラブ公式がプレー動画をまとめるなど、その衝撃は大きかった…。

彼は今回InstagramのライブQ&Aで以下のように話し、選手としてはSNSとの距離を考えることがとても重要だと語ったそう。

オディオン・イガロ

「誰も僕のことを持ち上げてはくれなかったが、聞かなかった。自分の仕事をして集中を保つだけだ。

マンチェスター・ユナイテッドに来た時は、自分が達成したいものを思い描いたものだが、何も言わなかったし、一人で動くこともしなかった。

人々はSNSで何でも書き込めるものだ。重要なのは、そのような知らない人々と話す必要はないということさ。自分の仕事に集中しなければならない。

僕を称賛している人が、同じ口で批判してくるものだ。彼らに褒められたって調子に乗ってはいけない。

言いたいのは、もし僕が一つのチャンスを逃したら、彼らはこちらを侮辱してくるということ。わかるだろ?

今は『イガロは最高だ』と言われている。しかし1つのミスで同じ人から批判される。

だから誇大広告に影響されてはいけない。賞賛も批判もだ。なぜならそれらは起こったことに縛られているからだ」

情報のスピード感が早い反面、いわゆる「手のひら返し」が多くなってしまうインターネット。その中で自分を見失わないようにしなければいけない…という。