今季途中、レッドブル・ザルツブルクからリヴァプールへの移籍を勝ち取った南野拓実。

DAZNは今季のTOP5モーメントを動画で公開しているが、これを見れば世界トップレベルのクラブに行くのは当然…。

そんな南野拓実が、今回世界的な経済誌『フォーブス』が選出する「アジアでスポットライトを当てるべき次世代の才能30名」のエンターテインメント&スポーツ部門に選出された。

なお、サッカーからはこの南野拓実が唯一のノミネートだ。

他にも日本からは上地結衣(テニス)、北園丈琉(体操)、今日和(相撲)、松島幸太朗(ラグビー)、西村碧莉(スケートボード)、野田樹潤(カーレース)、RIRI(歌手)、白井健三(体操)が選出されている。