今シーズン途中でレッドブル・ザルツブルクからリヴァプールへとステップアップした南野拓実。まだ試合で結果を残せてはいないが、DAZNが選んだTOP5プレーがこれだ。

早くこれらのプレーがチームにフィットして欲しい…。

『ESPN』によれば、レッドブル・ザルツブルクで南野を指導したジェシー・マーシュ監督が今回このように話したという。

ジェシー・マーシュ

「私がこのクラブに来た時、彼(南野)が我々のチームで大きな役割を担うだろうと分かったよ。

彼はスマートで、とても賢い。純粋な爆発力があるわけではないが、サッカーを理解している。どのようにプレーを終えたらいいか、戦術的なことを熟知している。

リヴァプールにはとても多くのタレントがいて、経験豊かな選手が立ちはだかっている。タキ(南野)がそのグループに身を置けるまでにはしばらく時間がかかるかもしれない。

ただ、リヴァプールにおいて中盤より前のポジションをどこでもやれることが時間と共に理解されていくと思う。

なぜなら彼はとても賢いからだ。物事を理解し、徐々に良くなっていくだろう。

聞いたよ。練習でタキはとてもうまくやっていて、印象的だったと。ただ、試合ではそれが出ていないだけだ。

しばらく時間がかかるだろうが、タキはとても熱意のある男で、毎日向上していくための方法を見つけるだろう。時間の問題さ」

練習ではとてもうまくやれていると聞いた…とのこと。新型コロナウイルスの問題が去ったあと、南野の飛躍に期待したいところだ。