かつてアーセナルやマンチェスター・シティ、レアル・マドリー、トッテナムなどでプレーしたトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨール。大柄な体格に圧倒的なスピードとテクニックを備えた選手で、こんなスーパーゴールも…。

この大胆なドリブルとミドルシュート!チェルシー相手に圧巻のプレーだ。

彼は現在パラグアイのオリンピアでプレーしているが、新型コロナウイルスの影響でリーグが中断されたため、出身地のトーゴに帰国している。

サッカーのスター選手はこの記事に様々な寄付を行っており、同じアフリカ人のスターではドログバやエトー、マネらが巨額の支援をしている。

ところが、アデバヨールは「寄付はしない」と明言したそう。『Daily Mail』によれば、彼はFacebookのライブで以下のように話したとか。

エマニュエル・アデバヨール

「オレが寄付をしていないと言っている君たちに告ぐ。明らかにしておきたい。

そうだ。オレは寄付はしない。単純な話だよ。

オレは自分がやりたいことをやり、食べたいものを食べる。そして、オレがトーゴに寄付をしなかったという事実で批判してくる人々がいる。

一部の人間は、オレがロメ(トーゴ首都)にウイルスを持ち込んできた人間の一人だと考えている。とても残念だが、あの国はそんなもんだ。

人々は私をドログバと比較する。エトーと比較する。しかし残念ながらオレは彼らではない。

自分はエマニュエル・アデバヨールだ。いつも自分がやりたいことをする」

【関連記事】アデバヨールが家族に激怒、「レアル退団は彼らのせい」

以前家族との確執があることを明かしたアデバヨール。トーゴという国自体に信頼を置けなくなっているのだろうか…。

なお、トーゴではこれまで88人が新型コロナウイルスに感染しており、そのうち6名が死亡している。