新型コロナウイルスの影響により、各国のリーグ戦は中断を余儀なくされている。

ACミランのズラタン・イブラヒモヴィッチは母国スウェーデンに帰還中。彼は自らが株式の25%を保有するハンマビーの練習に参加しており、ストックホルムのTele2アレーナで行われたフレンドリーマッチでゴールを決めた。

その得点シーンがこれ。

ロングボールに抜け出し、冷静な一撃!

【関連記事】「身長190cm以上の選手」で世界最強のドリームチームを選んでみた

このフレンドリーマッチはハンマビーと地元2チームの対戦形式で行われたそう。

試合後、イブラは「ミランとの契約がある。それが終わった時にどうなるか見てみよう。出来る限り長くプレーしたいと俺は言ってきたし、俺は貢献できる男だ。どうなるかを見てみよう」と述べていたそう。