4月19日に32歳となった岡根直哉は、沖縄SVでの3シーズン目を迎えている。

身長190cmのセンターバックは沖縄へ来る以前、清水エスパルス、モンテディオ山形、栃木SC、FC岐阜、SC相模原でプレーした経験を持つ、元Jリーガーだ。

そんな彼が、JFLの一つ下、九州リーグの沖縄SVでどのようなことを考えてプレーしているのか。

Qoly×サカつくによる「リアルサカつく」紹介企画第4弾は、沖縄県全域をホームタウンとして活動する沖縄SVを特集。

今回は主力選手の一人である岡根に、沖縄SVへ加入した理由やチーム内で考えていること、同期入団した前田俊介の気になる“実像”などを『サカつく』プロデューサー宮崎伸周氏とともに聞いた。

岡根直哉

(取材日:2020年2月27日)

「信頼」が決め手だった沖縄行き

――2018年に沖縄SVへ加入して2年が経ちました。沖縄の良さはどんなところでしょう?

まずは温暖な気候です。冬でも筋肉が自然と温まります。ただ逆に、向こうへ遠征する時に持っていく服とかが分からなくなりますね(笑)。

あと沖縄は花粉がありません。花粉の薬を飲んだりする必要もないので楽です。

――今シーズンも沖縄SVでプレーすることに決めた理由はズバリ何ですか?

僕は沖縄へ来る前、「このチームで引退する」と決めて来ました。どこへ行く気もないですし、どこかでプレーしたいというのもありません。

やらせてもらえるなら、後はどこまででも。僕がこのチームでいつまでやれるかだけです。