かつてレアル・マドリーで長くプレーしたブラジル代表DFロベルト・カルロス。超人的な太さの太ももから繰り出す強烈な左足のキックで知られ、とんでもないカーブのシュートを何度も決めてきた。

先日その後継者であるマルセロが誕生日を迎えたことから、ふたたび一部でロベルト・カルロスのプレーが話題になっている。

レアル・マドリーが先月公開していたロベルト・カルロスの「ベストフリーキック集」が、改めて見ると本当にスゴい…。

一発目から伝説の超絶キャノンシュート!

その他も全く見逃せない場面ばかりだ。どうやればこれだけの威力と曲がり幅を出せるのだろうか…。

【関連記事】レアル・マドリー、サンス元会長時代の「最強補強トップ13」

彼の後もキック力自慢の選手が何人か出てきたが、パワーとカーブを兼ね備えていたロベルト・カルロスを超える存在はおそらくいないだろう。