サッカー界にもなくてはならない存在となったSNS。

5月25日は「International Missing Children's Day」ということで、多くの欧州クラブが行方不明になっている子供たちの捜索活動をSNS上で支援した。

『BBC』によれば、86ものクラブがSNSを使って子供たちについての情報を拡散したとのこと。

この活動はASローマが続けてきたものだが、今回はリヴァプールやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、アーセナル、チェルシー、トッテナム、レンジャーズ、バイエルン・ミュンヘン、ドルトムント、ミラン、インテル、ユヴェントス、バルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーなども参加。

子供たちの写真、最後に目撃された場所、情報を伝えるための電話番号などを告知している。

アーセナルがTwitter上に掲載した行方不明になっている子供たちの映像がこちら。

ヨーロッパだけでなく、世界各国の子供たちが取り上げられている。

【関連記事】10年前のあの頃、君は期待されていた…消えた天才の今

これまでローマは選手獲得をSNSで発表する度に、行方不明の子供たちの情報も同時に発信してきた。その結果、6人の子供が発見されるという成果を出している。