adidasから26日に発表された新作スパイクコレクション「ユニフォリアパック」。

いずれも白を基調に、サッカーがもたらす団結と幸福感がデザインされたコレクションだ。

すでにadidasオンラインショップおよび一部店舗で販売が開始されているが、選手たちも試合での着用をスタートさせた。

アディダス ユニフォリア パック

マルティン・ヒンターエッガー(フランクフルト)は『コパ 20.1』を着用。

アディダス ユニフォリア パック

ジョアン・ヴィクトル(ヴォルフスブルク)とミッチェル・ヴァイザー(レヴァークーゼン)は『エックス 19.1』を着用。

アディダス ユニフォリア パック

セルジュ・ニャブリ(バイエルン)は『ネメシス 19+』を着用。

アディダス ユニフォリア パック

ケヴィン・トラップ(フランクフルト)は、実はフライングで週末のバイエルン戦から着用。

アディダス ユニフォリア パック

『プレデター 20.1』と、キーパーグローブもプレデターの新色だ。

久保建英も練習でさっそく履いているぞ(動画2分45秒~)。

久保の着用スパイクは『エックス 19.1』で変わらず。色のためか動きが軽快に見える。

【関連記事】adidasの契約選手で現役最強ベストイレブンを選んでみた(2020年版)

そして、体格がやはり以前よりもガッチリした印象だ。早く試合でのプレーが見たい!