先日大きな話題になった、スコットランド1部のリヴィングストンが行なったTwitterアンケート。

今季限りで契約が満了になる予定であった37歳の第3GKギャリー・マリーについて、クラブは「君たちの投票で放出か残留かが決まる」とアンケートを行なったのだ。

そして、アシスタントマネージャーのデイヴィッド・マーティンデイルは「1投票ごとに1ポンド(およそ130円)寄付する」と宣言していた。

ただ、この取り組みは思った以上の反響を受け、投票数は20万以上に。すぐにクラブはアンケート自体を取り下げることになった。

そして『BBC』によれば、リヴィングストンはこれを受けてギャリー・マリーに1年の契約延長を手渡したという。その記者会見の模様がこれ!

なんともにこやかな…最終的には素晴らしい結末を迎え、クラブのいいプロモーションになったようだ。

マリーはリヴィングストンでプレーしながら土木工事業の仕事をしているセミプロ選手。なんとこのアンケートプランは「水道工事のためにスタジアムを訪れたときにアシスタントマネージャーから打診された」ものだったそうだ。

ギャリー・マリー

「私のTwitterのDMはおかしいことになったよ!トルコ語を話せればあらゆるオファーを検討できるんだがね。

植毛手術のオファーもあったよ!残念ながら、まだそれは実現していないんだけどね。

デイヴィッドが契約に言及したとき、私が言ったんだ。『契約は若手に回してくれ。私はもう37歳で、ほぼやりきった』と。

ただデイヴィッドは『我々はもう少し楽しみたいんだ。ツイッターで投票をしようと思うんだが』と答えたんだ。

彼はそれでチャリティーに寄付すると言ったんだけどね。まあ500票もくればいいところだと思っていたから。

間違いなく、それが馬鹿げたエスカレートをしたときには、デイヴィッドはすぐに取り下げなければならなかったね!」

【関連記事】なんじゃこりゃ…奇妙すぎる「選手獲得発表」ツイート集

なお、意外な形で契約延長を手にすることとなったギャリー・マリーは、二ヶ月分の給与を病気の子供を支援するジョン・オバーン基金に寄付することを発表している。

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら