6月17日に再開される予定のプレミアリーグ。ただ、無観客での開催となるうえ、いくつかの試合については中立地で行うことが議論されている。

そうしたなか、マージーサイド警察はリヴァプールとエヴァートンが激突するダービーをアンフィールドとグディソン・パークで開催することについて、「異議はない」との声明を発表した。

『Liverpool Echo』によれば、当局は「必要とされるあらゆる警察活動をする準備は整っており」、「我々は両クラブとそれぞれのファングループと良好な関係を築いている」などとの声明を出したそう。

犯罪及び秩序に関して、ぞれぞれのホームで開催することに当局が異議を申し立てることはないと宣言した形。ただ、政府や公衆衛生局、リバプール市評議会が議長を務める安全諮問委員会による決定に従うともしている。

これまで数々の激闘が演じられてきたマージーサイドダービー。リヴァプールFWモハメド・サラーはダービーデビュー戦でこんなスーパーゴールを決めている(以下動画2分31秒~)。

これぞ圧巻!

【関連記事】リヴァプールvsエヴァートン、「最悪ユニフォーム」対決をやってみた

コウチーニョ(1分58秒~)、ジェラード(2分15秒~)の一撃もファンの記憶に残っているはずだ。