遂に再開されたブンデスリーガ。ドルトムントは敵地でのパーダーボルン戦に1-6で勝利した。

後半だけで6点を奪う圧巻のゴールショーのなかでは、ハットトリックを達成したジェイドン・サンチョの「Justice For George」メッセージが話題になっている。

ただ、ドルトムントにはゴールシーン以上に凄かった得点未遂シーンもあった。その圧巻プレーがこれだ(以下動画2分9秒~)。

完全に崩す!自陣内からつなぎ、サンチョとユリアン・ブラントの絶妙なコンビネーションで守備網を打開。トルガン・アザールのシュートが決まっていれば、伝説になっていたかも…。

【関連記事】「ドルトムントにいたことを忘れそう」な10名の選手

試合後、DFマッツ・フメルスは、前半はチャンスを逸したものの、後半はポジショニングもパスもよくなったと手応えを口にしていた。