今日から6月。

本日、6月1日は「電波の日」「気象記念日」「写真の日」「チーズの日」などなど様々な記念日となっている。

実はサッカー関連でも、6月1日は「モレリア(MORELIA)の日」となっている、らしい。

モレリア。多くのフットボーラーに愛されているモレリア。ミズノが世界に誇る、あのモレリア。

モレリアの日!

……正直、初めて知りました。

さすが名スパイク、記念日まであるなんて…。

でも、なぜ6月1日???

気になって仕方がないので、スポーツメーカーのミズノを直撃してみた。

ミズノ「モレリア」開発秘話

なにせ、今年はモレリア35周年。包み隠さずいろいろ教えてくれるに違いない。

返答していただいたのは、ミズノ株式会社の安井敏恭氏。「初代モレリア」の開発を担当したスゴイ人だ。

一人の“戯言”から始まった「モレリア」

――「モレリアの日」について伺いたいのですが、その前に、新型コロナウイルスでどんな影響が出ていますか?

売上、勤務体制など様々な影響はありますが、今できること、今だからできることを考え、前向きに業務に励んでいます。

――ありがとうございます。ではさっそく、6月1日がなぜ「モレリアの日」なのでしょうか?

1986年6月1日、当時ブラジル代表だったカレカ選手が「モレリア」を着用し、ミズノのサッカーシューズが“初めて”世界大会のピッチに立ちました。

世界に向けてスタートを切ったこの6月1日を、ミズノでは「モレリアの日」と制定しています。