かつてブラジル代表のエースFWだったフレッジが、古巣フルミネンセに復帰することが決まった。

『Globo』によれば、36歳になった彼はベロオリゾンテからリオデジャネイロまでの600キロを自転車で走破して、新天地でのお披露目イベントに駆けつけるという。

車で移動しない理由には新型コロナウイルスの流行による混雑を避ける意味合いもあるようだが、1キロを走るごとに日用必需品を寄付するなどチャリティ的要素も。

5日間で600kmを走破する予定のフレッジ。加入前に疲弊してしまうのではないかと心配になってしまうが、フルミネンセの栄養士もこのプロジェクトに参加するなどサポートは万全だとか。

また、フレッジは1日50kmを超えるサイクリングのトレーニングを積んできたそう。週に3,4日のサイクリングで1週間に200kmを走るトレーニングを2か月ほど行ってきたとも。

彼のガチの自転車スタイルがこれだ。

もうすでにガチで走り始めている…。

【関連記事】サイクリング転向も!仰天の“転職”をしたサッカー選手たち

舗装されていない悪路にも対応するため2台の自転車を用意しており、1台は電動アシスト付きのマウンテンバイクだそう。