今季レアル・マドリーからマジョルカへと貸し出されている日本代表MF久保建英。

18歳ながらもリーガで度々素晴らしいプレーを見せており、DAZNはそのTOP5スキルをこんな動画でまとめている。

1秒~のキレあるドリブルはまさに久保建英の真骨頂!

35秒~ではセビージャを相手にドリブル突破からの完璧アシスト…未遂も。絶対的なレギュラーではなかったものの、時にレベルの高さを見せつけてきた。

『AS』によれば、その久保建英はなんとスタッツで見れば「リーガ最高のドリブラー」になっていたそう。

『Wyscout』の記録から導かれた統計によれば、久保建英は1試合あたり5.4回のドリブルを成功させているという。

それはリーガで1000分以上プレーした選手の中で二人しか達成していない数字で、それがリオネル・メッシと久保建英だったとのこと。ランキングはこんな感じだそう。

  1. リオネル・メッシ:5.4回
  2. 久保建英:5.4回
  3. ナビル・フェキル:5.3回
  4. ルーカス・オカンポス:4.5回
  5. トニ・スアレス:4.2回
  6. サミュエル・チュクウェーゼ:4.2回
  7. ダルウィン・マチス:4.0回
  8. デニス・スアレス:3.9回
  9. ギャレス・ベイル:3.8回
  10. ファビアン・オレジャナ:3.7回

リーガは来週末に再開を迎えるが、マジョルカはいきなりホームでバルセロナと対戦する。

【関連記事】久保建英だけじゃない!いま「背番号26」を背負う8人のスター

つまり久保建英とリオネル・メッシ、リーガ最高の平均成功数を誇るドリブラー同士が対戦するとあって…そこにも注目が集まりそうだ。