中国でプレーするフッキの去就に注目が集まっている。

33歳の元ブラジル代表FWは、2020年末で上海上港との契約が終了する。現在、欧州やブラジルなど各所からオファーが届いているようだ。

フッキと言えば、10代で来日しJリーグでの活躍を経て、欧州、そしてセレソンへとステップアップしていったことで知られる。

そんなフッキの移籍話ということで、期待を込めて彼がJリーグ時代にプレーしていた3クラブを振り返ってみよう。

川崎フロンターレ

まずは2005年にフッキをヴィトーリアから獲得した川崎フロンターレ。

川崎フロンターレ フッキ

来日当初から粗削りながらもロベカルを彷彿とさせる“大砲ぶり”を披露し、J2で実績を積み臨んだ2008シーズンは、ジュニーニョ、チョン・テセ、フッキという驚異の3トップが話題になった。

当時はまったく機能しなかったが、奇遇にも川崎は今シーズンから3トップを採用。ここまでうまく機能しており、フッキが12年のときを経て戻ってくる可能性はゼロではない、だろうか。

その場合は今季好調な家長昭博と右サイドのポジションを争うことになりそうだ。