バルセロナとの契約が2021年6月末までとなっているリオネル・メッシ。

その契約問題が話題になるなか、リーガ優勝を逃した後にはチームへの失望を口にした。

そうしたなか、盟友だったダニ・アウヴェスが彼について語った。『Catalunya Radio』に対して、こう述べたという。

ダニ・アウヴェス

「彼は生まれながらの勝者だ。負けるのが好きじゃないし、怒るのは当然さ。

彼はいつだって勝ちたい、俺と同じようにね。

ずっと彼はそうやってきたし、(そういう感情を)チームが与えてくれる時と与えてくれない時が分かる。

だから、彼はああいうことを言ったんだ。長い間バルセロナにいる彼は、勝つためと偉大なことを目指すためには何が必要なのかを分かっている。

彼はサポートが欠けていると見ているんだと思う」

「もちろんメッシがメイン料理だったけれど、(かつての)俺たちは完璧な材料だった。

彼は常にトップになりたがっているし、それを構築する人間が必要だ。

今はチームのために常に彼が全てをしなければいけないという感じだ。彼だってただの人間さ。

(とはいえ、バルサを退団するとは)思わない。

彼はこのクラブとチームの顔だ。(もし退団すれば)クラブ史上最大のミスになるだろう。

あんな選手がバルサで引退しないのも、カンプ・ノウの名前をレオ・メッシに変えないのも、過ちになるだろう」

メッシはチームのサポート不足を感じてるとアウヴェスは考えているようだ。

バルサ時代には最強ホットラインを開通させたメッシとアウヴェス。2人がいかに通じ合っていたかが分かる驚異のプレーがこれ。

まさに以心伝心!

【関連記事】「バルセロナ、契約しなかったことを後悔している5人の選手」

これぞ阿吽の呼吸だ。