ついに悲願のプレミアリーグ初優勝を遂げたリヴァプール。

リヴァプールでキャプテンを務めたスティーヴン・ジェラードは、『Match of the Day: Top 10』のポッドキャストでこんな話をしていたそう。

スティーヴン・ジェラード

「個人的には何よりも、いくつかの悪魔を葬ることができたのは素晴らしいことだった。

全ての悪魔(悪霊のような恐れ)ではないけれど、(2014年)以降のね。ものすごくホッとした」

2014年にもプレミア制覇に迫っていたリヴァプール。だが、ジェラードのあのスリップ事件もあり、優勝を逃すことに。あまりに痛恨だったそのスリップシーンがこちら。

実況も思わず仰天…。

【関連記事】リヴァプール「2010年代のベストイレブン」

この事件があっただけに、ジェラードは安堵しているようだ。