マンチェスター・ユナイテッドが今夏のマーケットで獲得に動いていると言われるボルシア・ドルトムントFWジェイドン・サンチョ。

今季ドイツ・ブンデスリーガで圧倒的なパフォーマンスを見せつけた彼。公式からもこんな動画がまとめられている。

圧倒的なスピードにドリブルテクニック、得点力まで兼ね備えるスーパーアタッカーだ。

そして今回の『Daily Mail』の記事によれば、マンチェスター・ユナイテッドとジェイドン・サンチョの間の交渉は既にほぼ合意に達しているとのこと。

契約期間については4年+1年延長オプション、給与はおよそ週22万ポンド(3000万円)、年俸に直せば15億7000万円ほどとなる条件だそう。

ただ、マンチェスター・ユナイテッドとボルシア・ドルトムントの間の交渉はまだ進行中であるとのこと。

移籍金については、ドルトムント側が1億800万ポンド(およそ148.1億円)、さらに半額以上を即座に支払って欲しいと要求しており、マンチェスター・ユナイテッド側が値下げを求めて接触を続けているようだ。

もしこの移籍金で合意されることがあれば、ポール・ポグバを抜いて「イングランドのクラブが支払った移籍金」としては歴代最高額となる。

【関連記事】“禁断の移籍”が大成功し「英雄」となった5名のサッカー選手

その交渉期限は来週の月曜日であるとも伝えられており、今後数日の動きは大きな注目を集めそうだ。