今季マンチェスター・ユナイテッドからインテルにローン移籍していたアレクシス・サンチェス。序盤は苦戦したが、シーズン終盤にはいくつかの活躍も見せ、SPAL戦でもヘディングでゴールを決めた。

まだ全盛期ほどのプレーではないものの、スペースにうまく入り込んでのシュートだった。

そして今回の報道によれば、サンチェスはインテルへの完全移籍がほぼ決定したとのことで、しかも残りの2年の契約を破棄する形で移籍金なしの取引となるよう。

インテルを率いているアントニオ・コンテ監督は、ヘタフェ戦終了後『Sky』に対して以下のように話したとのことだ。

アントニオ・コンテ

「アレクシス・サンチェスの獲得は、クラブによって作られた素晴らしいものだと思うよ。

我々がアレクシスを獲得できた条件を考えれば、本当にいい補強だ。

彼はマンチェスター・ユナイテッドで本当に苦労していた。ここに来てから怪我もした。そして、彼が元の彼に戻るまでの時間を作ってきた。

そして、我々はその努力に対する報酬を受けることができた。公平なことさ」

【関連記事】アーセナルの「7番」、最高から最悪の7名

このクラスの選手をフリーで獲得できるというクレバーな選択、そして彼を復活させるための努力が報われたという点で、コンテ監督も高く評価しているよう。