エヴァートンはプレミアリーグ開幕戦でトッテナムを0-1で撃破した。

レアル・マドリーから移籍したばかりのハメス・ロドリゲスは92分間プレーしている。

試合後にはハメスがプレミアリーグのスピードとフィジカルに適応できるのか心配という質問が飛んだ。ただ、カルロ・アンチェロッティ監督は、ジョークを交えつつ、こう反論した。

カルロ・アンチェロッティ(エヴァートン監督)

「ノーだ。私はフィジカルについて心配していない。

もしそれを心配しているなら、ハメスではなくウサイン・ボルトを獲得していたよ(笑)」

「ハメスは世界で最高に速い選手ではないが、クオリティに溢れている。

彼がそのクオリティを示せるように我々が起用しなくてはいけない。

彼はウィングではないが、中に入ってボールを受けることができるし、非常に危険な存在だ。

ボールをコントロールする技術、正しいパスを繰り出す技術、チームがボールキープし続ける技術をもたらしてくれる」

アンチェロッティはレアルとバイエルンでハメスの資質を引き出した人物。教え子の資質に太鼓判を押していたようだ。

開幕戦ではハメスがボールを奪われるも、スパーズのミスから逆に大チャンスが生まれるこんなシーンもあった。

なんてこった…FWリシャルリソンがまさかの大ミス!

【関連記事】レアル・マドリーに加入してキャリアを下降させた10名の選手

エヴァートンはリーグカップのスウォンジー戦を挟んで、WBAと対戦する。