12日に開幕したスペインのラ・リーガ。

その試合を毎節最大5試合放送しているWOWOWは、フリーアナウンサーとして活躍中の森山るりさんが2020-21シーズンの「WOWOWリーガール」に就任したことを発表した。

森山るり

WOWOWのラ・リーガ放送を盛り上げるリーガール。2012-13シーズンから始まり、森山るりさんで9代目となる。

もともとサッカー観戦が趣味だという森山さんが、2020-21 WOWOWリーガールとしての意気込みや注目選手などを語ってくれたぞ。

Q. リーガールとしての意気込み

「ラ・リーガの番組を担当できるなんて夢にも思っていなかったので本当に嬉しいです!番組を通してさらにラ・リーガを盛り上げていけるよう全力で頑張ります!」

Q. ラ・リーガの印象

「世界最高峰のスター選手達が集まっているリーグ。試合を観ているとワクワクするプレーばかりで、一瞬たりとも目が離せません!」

Q. 注目選手と理由

「他の日本人の選手もすごく注目しているので選ぶのが難しいですが、1人選ぶとしたら岡崎選手です。昨シーズンのように、ラ・リーガでも、泥臭くそして観ている人たちの心にグッと来るゴールをたくさん決めて欲しいです」

Q. サッカー好きになったきっかけや思い

「小さい頃から父とよくサッカーを観ていて、大学時代もサッカーサークルのマネージャーをしていました。ただ、本格的にサッカーにハマったのは社会人になってからです。久しぶりにサッカーの試合を観て、こんなにも予定調和が無く、一瞬のプレーで攻守が逆転したり、下克上が起こったりするなんてと衝撃を受けました。選手の皆さんのそれぞれの想いが試合を作っていき、それを観ている私たちも感じられるのがサッカーの一番面白いところだと感じています」

Q. 視聴者にメッセージ

「色んなことが変わって大変な日々を過ごされていると思いますが、今こそ!ラ・リーガの熱い試合を観てパワーチャージです!ここから1年ワクワクする日々を一緒に駆け抜けましょう~!!」

森本るりさんは、毎週月曜夜8:00からの『リーガダイジェスト!』などの番組やWeb、SNSでラ・リーガの面白さや魅力を発信していくとのことだ。

【関連記事】ユナイテッドが「リーガから獲得した9選手」、成功か失敗か

なお、WOWOWは先日、ラ・リーガ関連の番組イメージソングにTHE YELLOW MONKEYの『Balloon Balloon』が決定したことも発表。

歌謡曲のようでいて、ロック!

まさにイエモンな同曲は「WOWOWヨーロッパサッカーテーマソング」として3月から使用されており、そちらに続いての楽曲起用となっている。